ゴッホ

IMG_1182.jpg

ゴッホの手紙。もう15年位読んだり読まなかったり、

気が付くとページをめくって読んでいる本の一つです。

私は最初ゴッホは感情的で、直感で理屈など考えず

絵を描くような人かと思っていたのですが、本を読むと、

実に知的で当時の美術の世界の流れもわかっていて,

(当時最先端だった印象派について、文学や、

日本美術についても深い考えを持っていた。)

そして自分の絵の事をちゃんと分かっている頭の良い人

なんだと思いました。ただあまりに繊細であるがゆえに、

悲しい最後になってしまったのが悔やまれます。

そしてゴッホも凄いのですが、手紙の相手である弟テオの

献身的な助けなくしては、ここまでやれなかったと思うので、

テオがどんな人だったのかも気になるところです。

(手紙の中には、テオがどんな人物かは、あまり詳しく書かれていない。)

時々、ハッとさせられるゴッホの考え方や感動した気持ちを

記した所が、ゴッホの手紙の中でも好きな所です。

上中下と3巻出ていて、上巻が友人ベルナールとの手紙のやりとり、

中、下巻は弟テオとのやりとりが記されています。

広告を非表示にする